モンチャンネル ライフスタイル エンタメ もんちちゃんねる AI DNA 遺伝子 雑記ブログ

モンチのサクッと簡単雑記ブログ

エンタメ、時事、ライフスタイルから科学的な事まで

パニック障害って何? 私のケース。

私が初めてそうだろうと思う症状が出たのは今から25年ほど前の こと。 その頃はパニック障害というものがあまり知られていなかったと思 います。

 最初に違和感を感じたのは食べ物を飲み込みにくくなったという事 がありました。のどに何か詰まっているような違和感を感じ、 ちょっと苦しいなぁくらいのものでした。 そのまま何の事なく夜に家でのんびりTVを見ていた時だったので すが、だんだん気になりだし、あれ?やっぱりのどに違和感が・・ ・。そしたら息苦しくなり、 吸っても吸っても息をしている実感がなく、 たんが絡んで水を飲んでも、 のどが詰まった感じの時間が続きその感覚は無くならず、 あれあれと思っているうちに首を絞められているかのように苦しく 、心臓がバクバク(心拍数は200越え)で、 手足の指先が冷たくなりました。

まさにパニックです。 親に救急車をよんでもらい夜間診療で点滴をしてもらい、 別日に精密検査をしましょうと言われ帰りました。後日、 色々な検査をしてもらいました。 人間ドックくらいの項目は検査したと思います。

ただ、ここでは何の異常もなく(持病で慢性鼻炎はありました)

検査結果では超絶健康ですと医者も首をかしげ、 様子を見ましょうと言われ納得は出来ないまま。

いやいやでもね、 息ができなくて死にそうになりましたよって訴えましたが原因は分 からず、当時は誰も分かってくれないし、気が弱いんじゃないの? とか気のせいでしょ?とか言われていてこの病気はなんだ‼とモヤ モヤしていました。

それもそのはずで1990年代ごろの日本ではこの病気についての 研究をしている先生が他の専門家にそんなものは無いといわれてい たこともあったそうです。

そんなこんなで初めてパニック障害が起こった時から1年ほど色々 な病院に行きましたが結果行きついたところは心療内科で、 パニック障害ではないかという診断がつきます。

そこでデパス(エチゾラム)という薬を処方してもらうことになり ます。 パニック障害に悩んでいる人は一度は聞いたことがあるのではない でしょうか?

デパス(エチゾラム)という薬はいわゆる抗不安剤で睡眠導入や筋 弛緩の効果もあります。

私の場合、首がしまったように感じていたのがすごく楽になり、 生活も何ともなく過ごせていました。ただ10年ほど前からこの薬 は効果が強いが効果時間は短いと言われていて、 そうなると薬がすぐに身体から抜けてしまうので服薬する回数が多 くなり、 すごく依存性の高い薬とういうことで一度にもらえる量が少なくな りました。

私は今のところパニック発作に関してはあまり出なくなりましたが 薬は時折飲んでいます。

今思うと鼻炎やのどに絡むたんから過呼吸になり、 息ができないと感じ出すと余計に気になって症状が悪化するという ものだと解釈しています。

この病気が厄介なのは、 体は正常なのに頭ではこのまま死んでしまうんではないかという恐 怖に襲われることが繰り返されるのです。

「脳では息ができていないと勘違いをする→ 実際は息ができている→身体に影響が出る」

これが一番の苦しみで、 不安と恐怖で正常ではいられなくなってしまうというのが大変な病 気です。

(もちろん症状は人によって異なると思います)

ちなみに最近発見がありました。 コロナ過でパルスオキシメーター(血中酸素飽和濃度測定器) を測れる機器がちょっと話題になったので買ってみたところ、 パニック発作にちょっと役立っています。 まあ暗示的なものなので絶対に当てはまるとは限りませんが、 血中酸素飽和濃度が数字で表示されるため問題ないと自分に言い聞 かせることができるのでパニック発作になりそうなときにチョチョ ッと測り数値をみて、大丈夫と思えるようになり、 それ以上ひどくなるのを押さえれたこともありました。 そんなに高価なものでもないので一度試してみる価値はあるかなぁ と思っています。

 

現在も色々研究も進んでいるみたいですが確信をつくものはまだな いそうなので、のんびりと付き合っていくしかなさそうです。

2021コロナウィルスはどうなる!

昨年からコロナと言う目に見えないものに、振り回されて約1年、何度か書かしていただいておりますが、まだまだ先が見えないですね。

過去色々と自分なりにコロナウィルスについてあーだこーだと綴ってきましたが、そろそろお手上げです。

2021/2/17時点での感染者数等の推移は

新規感染者数
1,445
前日比 +137
現在感染者数
21,511
前日比 +572
累計感染者数
420,588
死亡者数
7,222

前日比 +79
退院者数
391,855
前日比 +794

 

死亡者数がかなり増え大変残念です。

ただ、素人なりにも分かった事は感染力はほぼ飛沫感染ではないのではと確信に変わって来ました。

満員電車でのクラスター発生が騒がれないというのがかなりの的を得ているなーと(聞いたことがない)

マスクをして誰も喋らないと言う事が感染しないとイコールですよね。

まだまだマスクは外せない時期が続いていくのでしょうが、根気よくマナーを守って、そう遠くない未来にワクチン、薬が開発されるのを待つしか無いのでしょう。

でも経済的にはアフターコロナでは色んな商売に影響を与えるのは間違いないし、元に戻らない事の方が多く、考えるだけでかなり悩ましい事です。

今回はこの辺で!

 

 

新型コロナウィルス・第2波は来ない?らしい!! ファクターXに関しての仮説

世間は2020年初めに新型コロナウィルス・ 恐怖の襲来で戦々恐々とし始めました。

海外では日に日に感染者数が増え日本では4月後半にピークを迎え GW明けには一旦落ち着いたかもしれないと思ったのもつかの間、 6月・7月と感染者数が増え続けている。各メディア・ ワイドショーなどは第2波が来ているのは? という雰囲気で毎日のように今日の感染者数は○○人、 過去最高の人数が・・・などと報道・放送し続けていますね。

・・が、死者数/重篤者数をあまり報道していないような気がする のは私だけでしょうか?

私は素人ですが死者数に注目しかしていません。

7月に至って は、約35,000件/一日程度実施しているのにも関わらず死者数が4・5月あたりのピークに比べてあきらかに少ないですよね。

あと検査数を上げると陽性者数もあがるのは当たり前ではないのか?という事は結構、耳にするのではないでしょうか?

これは厚生労働省のHPを見ると詳細もわかるものなので、是非見てみてください。

以下のグラフは厚労省の2月頭から7月末迄の各データをグラフ化したものです。

PCR検査実施件数

f:id:monchichannel:20200805171256j:image

陽性者数

f:id:monchichannel:20200805171640j:image

上2つはある程度リンクしていますね。

続いて死者数

f:id:monchichannel:20200805171228j:image

明らかに陽性者数と死者数のピークが違い、死者数は波が下がって、一定以下でおさまっています。

勿論、残念ながら亡くなられた方々の辛さは計り知れないものです。

厚生労働省サイト

https://www.mhlw.go.jp/stf/covid-19/kokunainohasseijoukyou.html

 

兎にも角にも私が知りたいのは何故、 欧米に比べて圧倒的に死者が少ないのは何故なのかという事です。

そこで7/26に記者会見が開かれたのをご存知でしょうか?

京都大学の上久保靖彦特手教授と順天堂大学特任教授の奥村氏が記 者会見をしています。

【記者会見】第二波は来ない~ 科学的エビデンスに基づく新型コロナウイルスに対する知見~

YouTubeで会見の様子がWill増刊号さんがあげておられ るので是非そちらを見て欲しい。

https://www.youtube.com/watch?v=gsN4cVGatdU

 

記者会見の内容を簡単に言うならば

まず、新型コロナウィルスには型があったという事

S型・K型・G型です。

特徴として

S型・K型は弱毒性

G型は強毒性(これが重篤症状になる型である)

 

それを踏まえて、 まずコロナが日本でも騒ぎ立てられた時に武漢の人は昨年末から約 150万人ほどが既に日本に入国しており、ここでS型・K型が一 時流行り・日本人の約50% 程度の人がそれに感染したというのである。

しかもこの弱毒性とされるS型・K型で免疫を得ていると強毒性の G型に対しても有効な抗体を持てるという事だそうです。

4・5月あたりのピークの死者数が増えたのは弱毒性の型にかからなかった人が残念ながら多かったとの見解である。

これは国際イニシアチブ「GISAID」(膨大な量のウイルスの ゲノム配列が世界中の研究者から驚異的なスピードで報告されているサイト)に上がっている。

詳細は

https://www.cambridge.org/ engage/coe/article-details/ 5ead2b518d7bf7001951c5a5

 

ファクターXを解明しようとしているのか? それらは何故あまり報道されないのか?

唯一フジテレビのグッディと夕刊フジで扱われた程度だと思います がそんなものは無かったかのように未だに今日は何人・ どこどこで過去最高の感染者が出ました・・・ などそんな程度の報道しか流れていないと感じる。

私はそれにも違和感があり過剰報道になっている、 とウンザリしはじめてきた。

 

勿論、科学的エビデンスに基づく知見と上久保教授・ 奥村特任教授の知見は希望そのものであるが

素人がこれは正しいとかの判断は難しいという事も言えます。 それ故に政府についていた有識者と上久保氏でもっと議論して欲し いものだが・・

ただ、これが仮設ではなく科学的根拠が示されたときは、 政府は大ダメージを受けるであろうし

医療関係者同士の何か、 政治からの圧力なのか実現しそうにはな事が非常に残念で仕方がな い。

 

最後に

もしファクターXの仮説が正しかったとしても、 その抗体が有効な期間などは分からない部分もあるので気を引き締 めないといけないという事は忘れてはならないでしょう。

高齢者は私達が知っている今までの風邪をひいても、拗らしたら亡くなられる事も全然ありましたし、これからもそこは気をつけなければなりません!

 

 

ギター Fコードを簡単解説(初心者向け)

ギターを始める際、難関とされる

Fコード

f:id:monchichannel:20200526173538j:image

Fが難関でギターをやめてしまう人が多いようなので

これをみれば弾けるようになる…はず!

頑張りましょう

 

ポイント1

そもそもギターの種類

まずはどういったギターで弾くのか?エレキギターなのか、アコースティックギターなのか?

何となく始めるという人へのお勧めはエレキギターです。しかもアンプに繋いで練習すればなおよしです!

アコースティックギターの場合は、エレキギターよりも、弦を押さえる力が必要なので、ちょっと時間がかかるかもしれませんが大丈夫!

 

ポイント2

最初は出来る限り細めの弦(08〜38の弦「08というのは0.008インチです」の方が押弦が楽なんです。※ただし細い弦に慣れすぎるのは良くないので、ある程度弾けるようになったら、09〜42とか10〜46とか(エレキギターの場合でアコースティックギターはもう少し太い場合が多い)。弦の太さです。私がよく使う弦はエリクサーというメーカーの10〜46です。下記ホームページ参照ください。

https://www.elixirstrings.jp/guitar-strings/electric-guitar-strings

 

ポイント3

構えは結構大事です。

最初は椅子に座りながら弾くのが弾きやすいでしょう。図参照

f:id:monchichannel:20200526173212j:image

f:id:monchichannel:20200526173255j:image

 

ポイント4

人差し指で1フレットを押さえる際の注意点

f:id:monchichannel:20200526174003j:image

上の図は極端ですが、真っ直ぐ上から押さえるのではなくて、斜め左側で押さえると、ちゃんと音がなってくると思います。

 

ポイント5

人差し指は決して真っ直ぐに押さえる訳ではない。

f:id:monchichannel:20200526174242j:image

ちょっと丸める感じですね。

f:id:monchichannel:20200526174320j:image

 

ポイント6

親指

f:id:monchichannel:20200527095507j:image

親指の位置↑

私の場合は上の図の通り。(だいたい上の写真のあたり。

親指も重要になりますね。

 

超ザックリですが、文字での説明が難しいですね汗

※これが絶対正解ではありませんw

人によってそれぞれ、指の大きさ長さ骨格などによって感覚も違ったりする事もあるので、なかなか説明もしづらいです。

ただ、これを見て弾けた〜てなってくれたら嬉しいです!いやっ、弾けるようになっているはず!

音楽を楽しみましょう!

 

 

 

 

 

 

 

新型コロナウィルスの不思議 時代はwithコロナ?afterコロナ?

コロナウィルス対策における日本はどうなる

2020/4/14

始まりは今年の1月末だったか、新型コロナウィルスの感染者が日本でも確認されたというニュースは私の大好きなライブハウスで見つかったという衝撃的な知らせからでした。

それから約2か月がたち色々と調べていくうちに色んな疑問がわいたので専門家ではありませんが一国民としての不思議・ 疑問を綴りたいと思います。

 

まずは、「感染者数」

に関しては日本はPCR検査が、 ほぼ陽性だろうとした人にしか検査を実施していないという事が少なからずあるので、 海外の感染者数と比べるというのはあてにならないのでは?みたいな事は専門家ではない私でも、 ある程度は想像がつきますが

「死者数」が圧倒的に違う点に凄く違和感を感じます。

4/8時点での上位の国別死者数

イタリア 約1万7000人

アメリカ 約1万4600人

スペイン 約1万4500人

これに対し日本の死者数は約100人

※外務省HPより

3月に入りアメリカ、イタリア、 スペイン等の欧米諸国がロックダウンを始めて約1か月が経過して いるし、外出規制が極めて厳しいのに死者数が桁違いなのはなぜなのか?

こういった記事を見ていると

より不思議な疑問が湧いてきます。

東京・ 大阪等の都市圏で人口密度が高く、さらに満員電車という危険にさらされていたわけだから 、すでにNYやイタリアなどのようになっていても、おかしくはないのではないか?

・国民性?

そもそも日本人は冬になるとマスクをする人が増えるのは当たり前 。

WHOや海外ではマスクをしていても感染するので意味がないと いわれていますが、そんなことは殆どの日本国民が分かっていることで、 マスクはあくまでも飛沫感染を防ぐ事には効果があり、 自分がかかっていても、うつさない事だと思います。 満員電車でも冬、春は、大半がマスクをしていて、 あまりしゃべりもしないので、感染が少ない説。

これは私的にはあると思います。

クラスター感染が徹底できた?

当初、クルーザー内での感染を徹底隔離したようですが、中には下船後に検査をしないで出た人や、そのまますぐに職場復帰したなど、ニュースでも言われていましたが

政府の対応がちゃんと出来ていたかは疑問に思います。

PCR検査とは別途、コロナに対する抗体を持っているかどうかがわかる抗体検査をなぜ実施しないのか?

PCR検査に関しては、医療崩壊を招きかねないと言われていますが、分からなくもないですが、抗体検査は早期に実施すべきだと思います。

・BCG説

日本ではBCGはかなりの接種率があり、私も受けています。

ヨーロッパで見ると分かりやすくイタリア、スペイン、 フランスなど摂取していない国とポルトガル、 イギリスが摂取している国とで比較した場合、 摂取している国のほうが死亡者数が少ないという数字も出ている。 がしかし確実なエビデンスは取れていません。

BCG説は沢山の専門家があり得ると言ってはいるものの専門家でも実証するのは難しかったり、時間がかかるんだそうです。

・既存の薬の治験はどうなの?

アビガン(抗インフルエンザ薬)・レムデシビル(エボラ出血熱) など続々と始まっています。

新薬・ワクチンの開発も急務なのですが、 既存である程度効き目のあると言われている薬なのに、今から治験って、、、。

素人目からすると

安倍首相が「新型コロナウィルス治療薬として承認を受け、 副作用なども判明しているアビガンは、既に120例を超える投与 が行われ、症状改善に効果が出ているとの報告も受けている」

「観察研究の仕組みの下、 希望する患者の皆さんへの使用をできる限り拡大していく考え」

とまで言っていましたが

どうやったらアビガンを処方していくれるのかもよく分からない。

東京で、違う病気で救急車で搬送しようとして80件くらいの病院が拒否したというニュースを見たときに正直凄く恐怖を感じました。

医療崩壊始まってますやん!とも捉えられる状況なのかもしれない。

これに関しては早急に対応して欲しいものです。

4/7に緊急事態宣言が出て、テレワーク推進は当たり前ですが、どうしても職場に行かないと成り立たない仕事の人もいます。そこを深掘りすると長くなるので置いておくとして

「テレワークが出来る環境」なのに電車通勤をさせる頭が固く時代遅れな会社もあります。

こういった会社はwithコロナ時代に入るので、淘汰されていくんでしょうね。

これに関しては

https://kumachocompany.com/work-style-remort-work/

に為になりそうな記事が書かれている方がいますので覗いてみて下さい。

うーん・・・

あげると霧がないのですが、 思いついたことをとりあえず書いてみました。

今回のコロナの件で日本社会の仕組みやITでの経済活動が今まで以上に急速にめまぐるしく変化するのは間違いないのではないでしょうか。

情報を色々なところから見て、聞いて、発信源はだれなのか? どれくらいの信ぴょう性があるのか?など

正確な情報を集めることも必須のスキルになっていますね。(勿論、正解が分からないものもある)

まあ直近で個々ができる事は

3密を避ける、外に出ない等

これは言うまでもないことなのですが

 

今回の新型コロナウィルスで今後の社会、生活、経済などwithコロナ時代の将来に向けて働く体制や分野にも目を向けて準備をした方が絶対良いです。

とりあえず、なんとか収束・ 終息することを祈りたいですね。

 

 

 

 

今更聞けない5Gとは 〜超簡単、簡潔に〜

Gって何?から始めましょう。

Gはジェネレーション(世代)になります。

超ザックリですが電波、通信(今現在、身近で分かりやすく言うとスマホなどに使われている)

1Gは通話

2Gはそれにプラスでメール(文字)

3Gはさらに写真、画像など

4Gは今主流の動画

と、こういう事ができるよっていうような、おおまかにはこういう分類になります。

※上記は携帯デバイスにスポット当てた考え方です。

2020年、5Gの時代に入るわけですが特徴としては、今の4Gよりもすっごいスピードアップ、大量同時接続、低遅延になるといったところです。

 

この5Gの技術と言うのは、AIや、ロボット、デバイススマホやそれにかわる新しい端末)など5G×〇〇で威力を発揮する技術になります。

スピードでいえば、例えば長い動画とか大容量のデータが外出先でも一瞬でダウンロード出来たり、ストリーミングでも超スムーズになります。

低遅延がもたらすものには5G×医療×ロボットで名医による遠隔手術など。

5G×車で自動運転、5G×監視カメラで犯罪に対して警察捜査の向上、犯罪防止など

 

どれ1つとっても革命的でなのはお分かり頂けると思います。

ただ、すぐに5Gになるわけではないようです。しばらくは実際は4Gと併用する時期があり、体感できるくらいの移行にはしばらく時間がかかるみたいです。

5Gで使う電波があまり遠くに届かないため基地局を設置するのに時間がかかるとの事ですね。

スマホの電池が減らない時代に

  2018年に総務省が、スマホやノートパソコン、行く行くは電気自動車やドローンなどを屋外でコンセントやケーブル無しで充電出来る無線充電なるものを2020年頃迄に実用化を目指す方針を決めています。この記事を書いているのが2019年6月なので、近未来過ぎて、すぐに結果が出るから楽しみです。

さらにこの記事を書くキッカケのニュースが2019年同月に東京大学の川原さんという教授らのグループが、部屋のどこでも無線充電出来る基礎技術・設備を発表された事でした。

  すでに皿の様なものにスマホを置いているだけで充電出来る無線充電が出来る装置(ワイヤレス充電器)は現状ありますよね。これの規模がもっと大きくなるのです。

  電気自動車やドローンの充電はともかく、

まずはスマホの充電ケーブルが無くなると思います。そして

  どこにいてもでバイスの電池残量が気にならない時代がすぐそこに来ている

ということです!

 

こうやって他の分野でも日々刻々と変化していますね。

こういう情報も将来的な自分の仕事や生活スタイルを充実させる為に勉強中という訳です。

(余談)

5Gなどのイノベーションにより、将来的にはスマホというものもなくなるでしょう。

それはまた次回